fuku8

ブランクがあっても復職できる環境があります!

女性の多い看護職の場合、
さまざまな理由で看護師を辞める人は多くいます。

 

結婚、出産、育児、それに家族の転勤。
看護師として働きたいけど、
ブランクがあることが不安。

という元看護師でも、
働いてもらいたいと思っている職場は
とても多くあるんです。

 

病院やクリニックなどの医療施設をはじめ、
介護老人保健施設や特別養護老人施設、デイサービスや訪問看護など、
最近では福祉の職場でも看護師のニーズは高くなっています。

 

ブランクがあることで感じる不安はあると思いますが、
どの勤務先でも突然一人で看護師として仕事をしてほしい。

と言われることはなく、先輩看護師が付いて仕事をしながら、
昔の看護師としてのカンや技術を再確認し、
慣らしながら働くことが出来ます。

 

経験者は、カンを取り戻すことで、
看護業務などがスムーズに行えることも多いんですよ。

 

臨床経験がある看護師は、
気が付けば過去のカンを取り戻していた。
すんなりと業務がこなせている。

そんな人も多いんです。

 

次第に職員の中で中心的な役割を担っていた、
新人教育を担当することになった。
というような方も多くいます。

経験は決してなくなるものではありません。

 

このような利点があるので、
ブランクがあってもある程度臨床経験がある看護師を
積極的に採用しようとしている医療機関は増えています。

ブランクがあっても、
安心して仕事が出来る環境は出来ていますので、
ぜひ復職を前向きに考えてみていただきたいと思います。

buran7

看護師の求人は多いの?ブランク有でもOK?

buran7新聞に挟み込まれてくる求人などを見てみても、
看護師の求人は非常に多くみられます。

条件面などをチェックしても、
他の求人よりはかなり良い条件。
というものは多いですよね。

 

看護師は人材不足が激しい職業であり、
どちらかといえば売り手市場で職探しが出来る職種です。

選ぶことが出来る分、
選んだからには積極的に働いてもらえる。
と病院側は考える可能性はあります。

 

ただ、看護師として働いていない間が長い人は、
自分自身に不安感がありますよね。

実際に働いてもらう病院側としても、
休職期間が長い人に、突然バリバリと臨床現場で働いてもらうことは
不安と感じている可能性もあります。

 

お互いのために、ある程度ブランクがあっても問題がない、
ブランクOKなどの求人に応募をした方がよいのではないでしょうか?

 

看護師として以前は卓越した知識や技術をもち、卓越していた。
という場合でも、ブランクがあるとどうしても失われたものは存在します。

 

ブランク 看護師

 

看護師としてのカンや知識、
技術を取り戻すための期間が必要になることもあります。

もちろん、一からやり直そうと考える事もいいことですよね。

 

最近では介護の現場でも看護師のニーズは高く、
一からやり直すためには向いている職場でもあります。

ブランクが大きな問題になることもなく、
仕事に取り組むことが出来ますよ。

 

ブランク明けの看護師にとって、
仕事内容をしっかりと選び、
待遇や給料以外のことにも目を向けることはとても大切です。

kodomo6

復職のためには子どもの預け先の確保が重要!

kodomo6出産や育児のために一度臨床を離れた看護師にとって、
復職をためらってしまう理由はいろいろありますよね。

 

看護知識や技術を忘れてしまった。
体力的について行けないかも。
子どもをどこに預けたらいいの?

このような不安を解消する方法が、
最近では数多く用意されてきています。

 

例えば、仕事復帰に際して、
徐々に仕事のペースをつかむことが出来るように配慮してくれる。

復職の為の研修を行ってくれる。
夜勤や残業などが内容に気を付けてくれる。
そんな病院も増えてきているんです。

 

そのような病院を選ぶことで、
安心して復職に向かうことが出来るのではないでしょうか。

 

子どもの預け先についても、
以前に比べると遅くまで開所している保育園も増えています。

万が一、お迎えが遅くなってしまったとしても、
預かってもらうことが出来る保育園を探してみると、
意外に多くあるんですよ。

 

看護師さん同士のネットワークなどを利用すると、
看護師さんが自分の子供を預けている
保育園などの情報を得ることが出来るケースもあります。

最近ではシングルマザーで、
夜遅くまで働くというお母さんたちもいて、
それに対応した保育園も増えています。

 

子どもを預けて安心していられる。
そんな保育園を探すことや選ぶことはとても大切ですよね。

わが子が働いている間、安全に、そして安心して預けられる環境をまず整えて、
そこから復職をするということは、
保護者として大切なことですよね。

youho5

幼稚園と保育園、どっちがいいの?

youho5現在休職中の看護師の中には、
育児中のために休職している。
という方はとても多いと思います。

 

わが子の養育のために仕事を辞めて家庭に入る。
というのは決して悪いことではありませんが、
現在の医療現場では、この育児中の方にも仕事に復帰してもらいたい。

と思うほど、人材不足が激しい状態です。

 

実際に育児をしてみると、思いのほかお金が必要、
看護師として復職したいという人も多く、
ニーズとしてはあっていますが、
実際に子どもを預ける場所がないために働けない。

という元看護師も実は多いんです。

 

預け先として、保育所や幼稚園などがあります。
でも、どちらを選んだらいいのか?
これは看護師の多くが悩むことのようですよ。

 

幼稚園は基本的には
8時半~14時くらいの時間帯に、
教育を含めた保育を行ってくれる保育施設です。

小学校に入る前に様々な教育を行ってもらうことが出来るという意味では、
とても有意義な施設ですが、
問題になるのは預けられる時間が短い点、
夏季休暇や冬季休暇など、休暇が長い点などがあります。

 

保育時間に合わせて仕事をするのは
難しいと感じる看護師が多いようです。

 

保育園の場合には、8時~20時など、
かなり長い時間帯預けることが出来ます。

施設によっては幼稚園のような
学習を取り入れているところもありますよね。

 

仕事がやや遅くなっても、お迎え時間に間に合う。
というメリットがあります。

 

時短勤務が可能、
融通を聞かせてもらえるのであれは幼稚園という選択肢、
少し遅くなりそうという時には保育園など、選択を考える事が必要です。

fukusyo4

復職してあげるんだから。という考えはおかしいですよね?

fukusyo4育児中の看護師にとって、
託児施設がある病院はとても心強いものです。

でも、この託児施設は、
あくまでも働く看護師のための施設であり、
勤務時間中に子どもを預かってくれる場所です。

 

看護師としてその病院に勤務をしていれば、
いつでも預けることが出来る。
という訳ではないんです。

人によっては、院内託児所を私物化し、
私用で出かける時でも預けられる。
と思っている方もいます。

 

院内託児は福利厚生なんだから、
当然無料で預けられるんでしょ?

働いてあげるんだから、
それくらい当たり前よね?
と勘違いをしている方もいるようです。

 

看護師は確かに人材不足が激しい職場で、
他の職業に比べると、
育児中でも働きやすい環境づくりをしてくれている病院は多くあります。

逆にいうと、
それだけ優遇されていることを
「当然」と思っている看護師も中にはいるようです。

 

院内託児はどうしても質の面では認可保育園に劣ることも多く、
院内託児は使わず認可保育園に入れるので、
その費用を病院がもってくれ。

保育費用を給料に上乗せしてほしい。

 

というようなおかしな要求を突きつける看護師もいるようです。

このような考えは一般常識としておかしい。
ということはちゃんと気が付く必要があります。

 

いくら復職をしてもらいたいと考えても、
非常識な人に職場に入ってもらいたい。
と思う病院はありませんよ。

takuji3

託児所付の病院は、育児中看護師いは強い味方

takuji3育児中のために休職している看護師の中には、
育児に思いのほかお金がかかり、
将来のことを考えた場合には、働きたい。

そんな風に考えている方もいますよね。

 

看護師としてのキャリアを考えた時には、
できるだけ短期間の休職で復帰したいという方もいます。

このような看護師さんに向いている職場として、
託児所付の病院がある。
というのはご存知でしょうか。

 

働くためには子供を預ける必要がありますが、
今はこの保育園不足も深刻化しています。

でも、病院にある託児施設であれば、
看護師の子供は優先的に預けられますし、
勤務時間に応じて柔軟に対応してくれるというメリットもありんですよ。

 

小さなクリニックなどでは、
どうしても充実した託児施設を期待することは難しくなりますが、
大きな病院などには、充実した託児施設を持つ病院も多くあります。

子どもに大きな負担がかからないよう、
子どもが小さいうちは時短勤務が出来る、
夜勤が免除といった優遇措置をとってくれる病院もあります。

 

託児施設がある病院の場合、
勤務状況によっては利用条件がある場合もあります。

このような点をよく確認して、勤務先を見つけると、
安心して育児と仕事を両立させながら復職ができますので、
頑張ってくださいね。

kankyhou2

復職への環境は整っています!

kankyhou2今の日本は、高齢化社会と言われていますよね。
医療に依存している高齢者はとても多くなってきています。

とうぜん、そうなると医療機関を受診する患者さんも増え、
医療現場では人手不足が加速している状態です。

 

もともと看護師は人材不足気味だっただけに、
この加速する医療ニーズは、さならぬ人材不足を産み、
人材不足からくる過酷な労働環境が生まれてきます。

 

過酷さゆえに結婚や出産を機にして、
看護職を辞めてしまうという看護師も増え、
さらに人材不足に拍車がかかる。

という悪循環も生まれています。

 

現在看護師の人材不足は深刻ですが、
免許がなければ職に就くことが出来ないために、
誰でも看護職に付くことが出来ないため、
今看護師免許を持ちながら働いていない。

という看護師に復職をした貰いたい。
という期待がとても高くなってきています。

 

看護師免許は一度取得すれば、
生涯にわたり活用することが出来るものです。
一度結婚や出産のために看護職を辞めたとしても、
看護師としての経験がある方は貴重な人材です。

ある程度ブランクがあった場合でも、
このブランクを克服することが出来れば、
第一線で活躍する人材となり得るんです。

 

復職をする時には不安がある方もいると思いますが、
転職専門サイトなどに相談をすると、
復職のための研修を行っている病院を紹介してもらったり、
ブランクがあっても復職できるクリニックなどを紹介してもらうこともできます。

 

今、看護師として復職しようとしている人にとっては、
かなり環境が整ってきているので、働いてみようと思う方は、
ぜひ転職サイトなどを利用して復職への道を探してみてくださいね。

fuan1

復職するのはやはり不安です

 

fuan1看護師の仕事をしているのは女性が多いということもあり、
結婚や出産のために一度看護師を辞めて、
家庭に落ち着く、子育てに専念する。

という方は多いですよね。

 

院内託児所を持つ病院も増えてきていて、
子育て世代の看護師の復職支援に力を入れている。

という方も多くいますが、
子どもが幼いうちは手元で育てたい、
という看護師も多くいます。

 

看護師の職場というのは、日々進歩して行く職場で、
ブランクが長ければどうしても復職が難しい。
と言われています。

 

1~2年程度のブランクであれば、
まだ知識も技術も身体が覚えていることが多くなります。

でも、4~5年とブランクが長くなると、
どうしても自分自身が看護師としてやっていけるのか不安になります。

 

総合病院や救急病院などで働いていたという看護師にとって、
あの激務の現場に今戻るのか?
と考えると、かなり不安感があると思います。

ブランクがあればあるほど、
あの現場には戻れないと思うかもしれませんね。

 

でも、看護師が必要な職場は
何も総合病院や救急病院だけではありません。

診療所やクリニックなどもありますし、
総合病院でも外来勤務などもあります。

 

ブランクの間の技術や知識を埋める
復職支援を行ってくれる施設もあります。

育児との両立が可能なパート採用や非常勤などもありますので、
転職サイトなどで相談をして、
復職に良い職場さがしをすることもおすすめですよ。

ilm09_al01005-s

ブランク看護師みんな見ている転職情報

何年ぐらいのブランクで復職してる?

ilm09_al01005-s
結婚や出産のためにナースを辞めて、家庭に落ち着いて
子育てに専念する人は多いものです。
最近は院内に託児所を設けている病院はありますが、
子供が乳児のうちはそばにいて子育てをしたいという人も多いのです。
しかし、このような人も子育てがひと段落すると、
ナースに復帰する人は多い
のです。現場を離れて1~2年であれば、
まだ現場感覚も身体に残っているので自信がありますが、
4~5年とブランクの年数が多くなればなるほど自信が
薄れてくるものです。
また、新しい知識や技術に対しては、いくら復帰のための
研修はあるといわれても心配がある
ものです。

転職サイトなら相談にのってくれる!

総合病院の臨床経験のある人や救急病院などで
働いていた人であれば、看護業務の激務を想像すると
不安に思うのは当然
です。
ところが、看護師の転職先や求人募集をしているのは
総合病院や救急病院ばかりではありません。
例えば、町医者といわれる診療所やクリニックでは
病床の無いところも多いですし、看護業務も外来患者の
医師への案内もありますし、最新式の医療器具が
あるわけではありません。臨床経験があれば
問題のない職場がありますし、子どもの幼稚園に
送り迎えもできるようなパート職や非常勤の職もある
のです。
近年は転職サイトに登録すると相談に乗ってくれます。

ナースの人材不足は深刻

ilm09_al05016-s
高齢化社会の進展により、継続的な医療を必要とする
高齢者は増加しており、これに伴って病院を受診する
患者数も年々増加している
ところです。
その一方で診療の現場では慢性的な人手不足が続いており、
診療現場の中核スタッフであるナースは、
残業や夜勤も多く業務の過酷さから結婚や出産を契機に
現場を退くことも多くなっています。
しかし、患者の増加ペースに比してスタッフの不足は
深刻
であり、病院も戦力となる人材の確保に
躍起になっているところです。

元ナースは注目されている

こうした中、注目をされているのが現場を退き、
その後子育てなどがひと段落した元ナースです。
こうした者たちは、十分な経験を有していることも多く、
ブランクさえ克服できればまだまだ第一線で
活躍できる可能性を持っている
のです。
さて、そんな場合の復帰方法として、各病院が
転職専門サイトなどに掲出している求人がバイトです。
バイトと言うと待遇面での不安を感じる場合もありますが、
確かに給与は劣るものの残業や夜勤もなく、
責任も少なくなるためブランクがある場合の復帰には
最適と言えるのです。実際に転職専門サイトでは、
復帰者向けの特集ページを作成するなどしており、
復帰に向けた環境も非常に良好となっているのです。